仕事の探し方2

仕事を見つけて応募することは、内定を得ることとは異なることと思ってください。後者については、ほとんどの場合、ベトナムに来ることが非常に重要です。幸運なことに、国際企業で外国人としてベトナムでの仕事を見つけることは、それほど難しいことではありません。絶対に必要ではありませんが、ベトナム語をいくつか知っておくことはもちろんプラスになりますし、尊敬を受けられるでしょう。

見通しはかなり良いですが、ベトナム人が優先されると思っておかなくてはなりません。グローバル企業であっても、ベトナム人で替えがきかない場合にのみ外国人が雇用されることになるでしょう。企業の役職者、取締役および専門職の少なくとも20%はベトナム人でなければなりません。さらに、企業は、外国人と置き換えるためにベトナム人を訓練することを保証しなければなりません。

グローバル企業で働く可能性は非常に高いので、首都ハノイとホーチミン市(旧サイゴン)でたくさんの募集を見つけられるでしょう。希望の職種によっては、ビン・ドゥオン、ドンナイ、ハイ・ドゥオン、バリア・タウ、または多くの観光地がある地域で見つけることもできます。

どこで探すか

特に、ベトナムに到着する前に仕事を探すのであれば(強くお勧めします)、インターネットで求人広告を見つけるのが最も良いです。一般的な方法であり、仕事を探すための多くの有益なサイトがあります。

CareerLink.VNはベトナム専用であり、すべての業界からの何千もの求人広告があるウェブサイトの一つです。このサイトは日本語人材やマーケティング、商社、技術職などにも強みを持っています。

既にベトナムにいる場合は、地元の新聞も有用です。しかし、この場合はベトナムを正しく理解することが重要です。外国人フォーラムで探すことも成果があるかもしれません。

英語を教える

世界のほぼすべての国で選択肢になる別の可能性は、英語を教えることです。観光客の増加とグローバル経済化は、英語使用者の需要を高めています。大学は良い雇用主ではありませんが、良い接点です。教える仕事はしばしばアルバイトであり、西洋の基準と比較して、給料はあまり高くありません。しかし、生活費は安いですし、現地のベトナム人の給与と比較すると、英語を教えることで、快適な生活ができると言えます。それは国や文化に慣れるための良いスタートになるでしょう。
 日本人であれば日本語を教えるということも、もちろん良いでしょう。