ワークパーミット取得方法

ベトナムで働きたいですか?

就労許可の取得方法

ベトナムで働くことを望む人は、就労許可を申請して、承認される必要があります。申請書を提出するためには、いくつか必要な書類・満たすべき要件があります。必要なものは次のとおりです。

ベトナムでの就労許可の取得は、昔に比べてずっと容易になりました。全般に、たくさんの書類に記入をしたり集めたりする必要はありません。就労の契約が結ばれていることと、大学の学位を取得しているかまたはその分野での5年以上の経験を有していることのいずれかを満たしていれば良いのです。

ベトナムで働くためには、以下の要件を満たしている必要があります。

・18歳以上であり、就労する予定の職務を行う上で必要となる健康状態を十分に満たしていること。

・高いレベルの専門知識を有していること; 職務に合致した学位を取得しているか、または5年間その分野で職務を行ってきた経験を有していること。一部の分野では、資格の証明書類などなにかしらその分野での職務を行う上での技能を証明する書類を受け付ける場合もあります。

・特定の医療職や教育職で働くためには、ベトナム当局が設けている、それらの職種で働くための要件を満たすことが必要となります。

・母国、ベトナムまたは他のあらゆる場所での犯罪歴がなく、いかなる種類の逮捕状も出されていないこと。

就労許可申請に必要な書類は以下の通りです。

申請者から提出される必要のある書類:

・就労許可申請書

・就労許可申請レター

・犯罪歴を証明する書類。ベトナムに6ヶ月以上滞在していれば、居住している市の司法部が発行した犯罪記録を取得して提出する必要があります。ベトナムでの滞在期間が申請時点で6ヶ月に満たない場合は、ベトナムにやってくる前に居住していた国・地域から犯罪記録証明する書類を取得する必要があります。

・証明書または学位を証明する書類のコピー、または

・その分野での5年以上の職歴を証明する書類。以前の雇用主が発行した証明書か、またはほかの国での5年以上の経験を証明するあらゆる種類の書類でも許容されます。

・病院からの健康診断書。健康診断書を発行する権限を持つベトナムの病院のリストがあります。就労許可申請のために健康診断書を提出する場合、リストにある病院で発行された健康診断書でなくては受け付けてもらえません。あなたがまだベトナムにいない場合、現在滞在している国のどの病院からの健康診断書を使用することができます。この場合、最大6か月間有効になるので、それ以上就労する場合は、ベトナムで働き始めてからリストにある病院で改めて健康診断書を発行してもらい提出することになります。

・パスポート写真付の履歴書。

・新しいパスポート写真3枚

雇用主から提出される必要のある書類:

・有効な労働契約書

・会社のライセンス書(政府機関の認証を受けているコピー)

・就労許可申請書

・政府承認の外国人労働者利用許可書

すべての書類を準備することができたら、あなたが働いている省/市の労働社会福祉サービス課に送付する必要があります。彼らが就労許可申請を承認した場合、または変更が必要な場合は、15日以内に通知されます。