ベトナムビザの種類

あなたには何が必要ですか?

ベトナムへの入国時には多くのタイプのビザが申請できます。どのタイプのビザを申請するかを決定する上では、旅行の目的が役立ちます。

このビザのリストは、ベトナムを訪れるために取得することのできる各タイプのビザの第一の目的を説明しています。

観光ビザ
観光ビザは最も一般的なタイプのビザであり、どの国籍の方であってもかなり簡単に取得することができます。基本的に2種類の観光ビザがあります。30日間の期間で一回の入国、または複数回の入国かに分かれています。しかし、もしあなたがより長い期間ベトナムで過ごすことを計画していて、旅行期間を短くしたくないのであれば、3カ月のビジネスビザをかなり簡単に取得することができます。一回か複数回の入国ビザであるかどうかによって価格差が生じることに注意してください。

観光ビザの延長
観光ビザは30日の期間に1度のみ延長することができます。お金を節約することはできますが、自分で申請するのはかなり面倒です。少し多くお金を払うことにして、ツアー代理店を通じて手続きすることをお勧めします。ホーチミン市、ハノイ市、ダナン市、フエ市などの大都市で行うことが最も簡単で、2〜3日しかかかりません。

再入国ビザ
一回の入国ビザでベトナムに到着したのちに、隣国へも旅行することにして、その後再びベトナムに戻る場合は、再入国ビザが必要です。あなたがベトナムを出る前に用意してください。さもなければ、入国ビザの全過程をやり直す必要が発生してしまいます。これは、旅行代理店を通じて行うのが最善です。ほとんどの場合、書類作成の手助けが必要になります。1日か2日で手続きを完了することができます。

ビジネスビザ
ビジネスビザは仕事を目的として入国することができます。通常3から6ヶ月間有効です。一般的には、ビジネスビザは入手しやすいですが、観光ビザと価格の面で大きな違いがあります。ビジネスビザは労働許可証ではないことに注意してください。仕事の目的での入国のみが認められています。ベトナムで働くには、就労許可証が別途必要です。

学生ビザ
入国前に、ベトナムの学校から入学することを示すことのできる証拠を受け取ったら、学生ビザを申請することができます。しかし、通常はベトナムに到着後に学生ビザが手配されます。観光ビザで入国し、留学プログラム(語学コースが適用されます)に登録したのちに、入国管理局でビザのステータスを変更することができます。旅行代理店にお申し込み手続きをご依頼されることをお勧めします。

乗り継ぎビザ
乗り継ぎビザの最長期間は5日間です。入国管理局は一般的に、ツアーガイド付きの団体のみに乗り継ぎビザを発行します。グループには正確な旅程と、ツアーを企画している旅行代理店からの保証が必要になります。

外交公式ビザ
これらのビザは、政府や外交的なビジネスでベトナムを訪れる人々に付与され、このビザに関連する手数料はありません。このビザの申請者は、地方自治体の関係機関、大使館または領事館、国際機関またはその国に拠点を置く他の認定機関から公式の手紙(口上書)を提出する必要があります。